GI値というのは糖尿病を気にする人にとっては一番大切な数字


43歳で自営業をしています。体力を使わない仕事なのでいつも糖尿病が気になっていました。

私の親族には糖尿病患者がいないので、なりにくいのではないかと思っていますがそれでも太っていると不安だったのでサラシアという血糖値を下げるサプリメントを飲んでみました。

このサラシアという植物は、インドの伝統的な薬だという説明がされていますが、正直飲んでみても効果がよくわかりませんでした。

もともと症状が出ていないので、飲んでも変わらないのは当然です。

それでも体調が良くなったり、やせてきたりすると飲み続けようと思うのですが、そのようなことがなかったので結局1ヶ月で飲むのをやめてしまいました。

その次に始めたのが低インシュリンダイエットです。

これは現在まで1ヶ月間続いていて、体重が3キロ以上減っています。

炭水化物を完全に食べないというものではなく、ごはんやうどんのような、GI値が高い食べ物をそばやパスタのようなGI値が低いものに置き換えるダイエット法なので、食べても痩せられてさらに血糖値が上がらないという大きなメリットがあります。

GI値というのは、糖尿病を気にする人にとっては、一番大切な数字で、この数値が高ければ血糖値が上がりやすく、低ければゆっくりと上がるというものです。

糖尿病の予防をするために、血糖値の勉強をしましたが、その時にこのGI値を覚えました。

さらに運動は血糖値を下げるためにするもの、という医師からのアドバイスをプラスしながら予防を心がけています。

また間食が好きで、どうしてもチョコレートを食べてしまっていましたが、チョコは血糖値を急激に上げるので、チョコを食べたい時は、キャンディチーズを食べるようにしています。

低インシュリンダイエットの本を読んだ時に、牛乳やチーズは血糖値を上がりにくくする作用があると書かれていたので、積極的に食べるようにしています。

また食べる順序によって、血糖値の上がり方が違うそうなので、キャベツやレタスなどの野菜を食べてから、お味噌汁を飲んで、それから主食を食べるようにしています。

日常生活を少し変えていくだけで、血糖値を上手にコントロールできるようになります。

糖尿病の不安を感じている私にとっては非常に良い予防方法だと感じています。

私が糖尿病予防で日頃から気をつけていることは運動と食事